【ネタバレ注意】『ニュートンと林檎の樹』ラビ√

Email this to someoneShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on Tumblr

四五√に続き、ラビ√です。

 

 

 

 

 

ラビにタイムマシンを盗まれてどうしようか……ってなってる修二たちの前に、ラビが。

このラビは、共通√でタイムマシンを盗んだラビが、過去に戻ってラビ母を助けた時に存在していたラビ(以下、ラビ2)なので、修二たちのことは知らない。

 

 

その後、タイムマシンを盗んだ方のラビが現れて、自分は過去に戻って母を助けたけど、自分が分裂してしまったから、過去の自分と母の2人の間には入ることは出来ない……的にな説明をされる。

修二たち側はというと、タイムマシンを盗まれたのに何故か平常心。

 

 

2人の間に間に入ることのできないラビを、修二は何とかして一瞬でも会話が出来るようにと協力。

街中で入れ替わりマジックと称し、興味を惹かせ参加したラビ2を箱に閉じ込め、もう片方の箱に潜んでたオリジナルラビが出てきて、母に想いを伝える。

(色々省略してるけど、ラビ√はここが一番泣きどころ)

 

いよいよ攻略。可愛い。

 

 

爆乳パウダー開発してるくらいだから、胸のことはやっぱり気にしてるらしい。

 

はぁ。可愛い。

 

 

 

朝から可愛い。

 

 

恒例の、エミー襲撃。

 

どんどん壊れるエミーさん。

 

一方、歴史の修正の方はというと、結局アリスと春が仲違いしてうまくいかず。

やはりこの√でも、史実と違う歴史を辿ることに。

 

そしてラビは、再び過去に戻って他の世界線の修二たちを助ける旅へ……。

 

 

 

 

 

【感想&まとめ】

 

全√やると分かるけど、ラビが一番頑張ってる。

ラビ可愛い。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。